米小売売上高 8月0.4%増 予測上回る

2019/9/13 22:22
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が13日発表した8月の小売売上高(季節調整済み)は前月比0.4%増加し、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(0.2%程度)を上回った。6カ月連続の増加で、個人消費が堅調さを維持していることを示した。前年同月比では4.1%増加した。

米小売売上高は6カ月連続で増加(米ニューヨークの小売店)=AP

自動車・関連部品の売り上げが前月比1.8%増え、全体を押し上げた。全体からこれらを除いた売上高は横ばいで、こちらは市場予測(0.2%程度の増加)を下回った。建築・園芸資材やスポーツ用品・本・音楽などの売り上げは好調だったが、レストランや百貨店などはふるわなかった。

一方、7月の小売全体の売上高は前月比0.8%増に0.1ポイント上方修正された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]