/

この記事は会員限定です

自民、改憲へ国会対策重視 調整力に期待の布陣

[有料会員限定]

安倍晋三首相(自民党総裁)は悲願の憲法改正に向け、衆院憲法審査会長に佐藤勉氏、党憲法改正推進本部長に細田博之氏という布陣で臨む。とりわけ佐藤氏は国会対策のポストが長いベテランで、野党側とも一定の信頼関係を築いてきた。党幹事長や政調会長らも含め、党を挙げた体制を敷き、国会で改憲論議を前進させたい考えだ。

佐藤氏は国対畑を歩んできた。国会対策委員長だった2015年には集団的自衛権の限定行使を認める安全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン