粟島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

コラム(地域)
2019/10/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

(1)日比野克彦「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」(秋のみ)★★★

海底から引き上げられたという様々なものを展示する「ソコソコ想像所」。紙と筆記用具が用意されているので、イメージを膨らませ、それらをスケッチすることもできる。海の深遠さに思いを巡らせてみたい。

(2)日比野克彦「種は船プロジェクト」(新作、秋のみ)★★★

「種」とは人やもの、そして地域をつなぐ「船」のようなものではないか。そうした発想で造られた小さな船。港に係留していて、実際に島から島へと行き来する。運がよければ鑑賞者も乗り込んで航行に参加できるかもしれないという。遊び心あふれる作品だ。

(3)TARA「TARA」(新作、秋のみ)★★★

科学調査船「タラ号」は気候変動や海洋汚染の生態系への影響を調査するための船。この船を活動記録などを展示し、乗船を疑似体験する趣旨だという。

(4)大小島真木/マユール・ワイェダ「粟島芸術家村」(新作、秋のみ)★★★★★

洞窟を模した部屋へ足を踏み入れると、巨大な鯨の骨格が出迎えてくれる。その周囲を巡りつつ、鯨が生きた海の世界に思いを巡らせたくなる。鯨を囲む壁面には、インドの少数民族ワルリー族に伝わる民族画。受け継がれる命の連鎖と神秘に圧倒される。

(5)菊地良太ほか「SOKO LABO」(新作、秋のみ)★★★

複数の作家たちによる一連の作品群。海に流れたプラスチックをテーマにした作品や、自動販売機をユーモアたっぷりに捉えた作品など。全体として「海」という大きなテーマに包まれている。

(6)エステル・ストッカー「思考の輪郭」(秋のみ)★★★

かつて幼稚園だった建物を平面と立体の白色と黒色で飾った。だまし絵のような空間が続く。卒園した元園児たちがこの光景を目にしたら何を思うだろうかと気になった。足元をちゃんと見て歩かないと突起物につまずいてしまう。こけてしまう人がたくさんいた。注意しよう。

(7)ムニール・ファトゥミ「過ぎ去った子供達の歌」(秋のみ)★★★★

小学校だった建物と敷地を使った作品。教室に並ぶ一つ一つの机の上には時計が置かれ、音楽室では校歌がいつまでも流れる。ここから巣立っていった生徒たちの息づかいが郷愁とともに伝わってくる。

(8)ディン・Q・レ&サン・アート「ナイト&デイ(人生は続く)」「この家の貴女へ贈る花束」「PhoUdon&COFFEE HOUSE」(新作、秋のみ)★★★

「この家の貴女―」は古民家の床一面を花状のカラフルな敷物が占める。押し入れには砂時計のような仕掛けがあり、島の時を静かに刻む。住む人の消えた民家が再生しているかのようだ。他の2作品もまた、住む人がいなくなった古民家の不在を映し出す。

(9)リチャード・ストライトマター・トラン「ヒキコモリ」(新作、秋のみ)★★★

小さな民家の部屋に布団が敷かれ、周囲は散らかっている。生活感にあふれた空間だ。ついさっきまでそこに誰かがいたかのよう。モニターには外の様子が映し出される。孤独な人間がどう世界とつながるかを考えさせる。

(10)山田紗子「須田港待合所プロジェクト『みなとのロープハウス』」(秋のみ)★★★

粟島への定期船が発着する須田港の待合所の外部を何本ものロープが縦に連なって張り巡らされている。船を待つ間、粟島での作品鑑賞への期待を高めてくれるだろう。

【関連記事】「瀬戸芸」秋会期 作品を5段階評価

【各島・港の作品ページ】
(1)直島
(2)豊島
(3)女木島
(4)男木島
(5)小豆島
(6)大島
(7)犬島
(8)沙弥島
(9)高松
(10)宇野
(11)本島
(12)高見島
(13)粟島
(14)伊吹島
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]