伊吹島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

地域
2019/10/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

(1)石井大五「トイレの家」(秋のみ)★★★★

廃校の校庭に設けられたトイレ。島の民家に近い外観の建屋には様々な角度のスリットが入り、天井や壁から光が差し込む。スリットで3棟に分かれた内部の空間は、傾斜地に立ち並ぶ家屋とそれらをつなぐ迷路のような路地で形成されるこの島を再現するよう。スリットは世界の6大陸の主要都市に向かって開かれており、地域と世界のつながりも表現している。

(2)コンタクト・ゴンゾ「伊吹島ドリフト伝説」(秋のみ)★★★★

廃校の一室に置かれた原付バイクと大きなスクリーン。傾斜がきつい伊吹島で多くの島民が移動の足として使っている原付バイクで実際の地形・風景を映像で再現した島内を駆け抜けるレーシングゲームだ。島独特の細い路地を走る島の暮らしの疑似体験は、ゲームとしてはなかなかの難易度。

(3)みかんぐみ+明治大学学生「イリコ庵」(秋のみ)★★★

讃岐うどんのだしに使われるいりこの名産地として知られる伊吹島。海を望む高台にある、いりこ漁に携わる人たちに向けた「島の小さな集会所」。島の大工や瓦屋と協力し、竹や瓦、石垣、いりこの加工に使う材料などを建築資材として再生させた。

(4)エコ・ヌグロホ「壁」(新作、秋のみ)★★★★

空き家の中に新たな「壁」を設け境界を意識させる空間に、立体作品と刺しゅう、ドローイングの3作品。モチーフとしているのはいずれも、何かを訴える人々とそれに対峙する人々のようだ。3作品はいずれもポップな意匠をまとうが、移民、人々を分断する壁といった昨今の世界的な課題に直接訴えかける強いメッセージを放つ。

(5)栗林隆「伊吹の樹」(新作、秋のみ)★★★★★

かつて産院として、島の出産・子育ての拠点となった場所に巨大なオブジェを設置。絡まり合うように木の板が組まれた筒状の姿はこの場所の歴史を物語る生命のうねりのよう。内側は鏡面となり、波動砲の砲身のように海側に向けて空に大きく放たれた開口部から取り込まれた光に満ちている。

(6)メラ・ヤルスマ+ニンディティヨ・アルディプルノモ「パサング―ふたつのものすべての中に」(新作、秋のみ)★★★

作家のルーツであるインドネシアの伝統工芸品、籐を使ったオブジェやコスチュームを村の各地に設置。いりこ漁の漁船に持ち込まれた2つ一組の木製のお守りに着想を得たデザイン、地蔵の前掛けからとったという赤色が印象的。コスチュームは島民が参加するパフォーマンスで着用する予定。

【関連記事】「瀬戸芸」秋会期 作品を5段階評価

【各島・港の作品ページ】
(1)直島
(2)豊島
(3)女木島
(4)男木島
(5)小豆島
(6)大島
(7)犬島
(8)沙弥島
(9)高松
(10)宇野
(11)本島
(12)高見島
(13)粟島
(14)伊吹島
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]