/

この記事は会員限定です

ジャワ島横断鉄道、特急専用線路で高速化へ

建設方式決定、着工には不安要素も

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアが日本と協力して計画するジャワ島横断鉄道の建設方式が決まった。一部区間で特急列車の専用線路を敷設し、所要時間を現在の半分の5時間半程度に抑える。インドネシア運輸省が明らかにした。2020年の着工を目指して計画が動き出す。

ジャワ島横断鉄道は、首都ジャカルタと第2の都市スラバヤの約750キロメートルを結ぶ新たな幹線鉄道の計画。老朽化が著しい現行の国鉄路線を近代化す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン