地図アプリに路線バス情報、国交省 データ共通化

2019/9/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省は国内約3千カ所の観光地に行きやすくなるように地図アプリの改良を後押しする。利用者が目的地への経路を検索したとき、アプリ運営会社が路線バスなども選択肢として示せるように、時刻表や運賃といった情報を統一した方式で電子化する。グーグルマップを使うことが多い訪日外国人の誘客拡大にもつなげる。

多くの地図アプリでは目的地を入力し、そこまでのルートを表示するように求めると、鉄道の所要時間などの情…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]