ジビエ流通のインフラ整備、大量供給可能に

2019/9/13 20:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の加工処理施設からシカやイノシシなど野生鳥獣の肉(ジビエ)を集めて、飲食店に供給する体制がまもなく始動する。外食産業ではジビエに対する根強い需要がある一方、各地の加工施設から個別に取り寄せる必要があり、一度にまとまった量を確保することが難しかった。供給体制の整備を追い風にジビエの普及が加速しそうだ。

8月中旬、東京・汐留のビルの一室に外食企業の購買担当者らが集まった。ジビエの普及活動に取り組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]