新潟県立大、国際経済学部 語学・少人数ゼミに力

2019/9/13 20:34
保存
共有
印刷
その他

新潟県立大学は13日、2020年4月に開設する国際経済学部の概要を発表した。特に語学や少人数でのゼミナール形式の授業に力を入れる。2年生からは「国際経済コース」と「地域経済創生コース」の2コースの下で学ぶ。入学定員は90人とし、地域と海外の双方で活躍できる人材の育成を目指す。

専任教員18人のうち、5人は外国人教員。英語で講義する専門科目を多くそろえた。語学では英語以外に、ロシア語と中国語、韓国語を学べる。

3、4年次でのゼミ授業は必修とする。語学に加えて経済や産業、企業の分析など専門分野での実践的な知識を学べるようにする。

文部科学省から国際経済学部の新設の認可が出たことを受けて、同日に若杉隆平学長らが新潟県の花角英世知事を訪れた。新潟大学も20年4月に経済学部を改組し経済科学部を開設する予定で、経済系の新しい学部の設置が県内で相次ぐ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]