/

この記事は会員限定です

大自然で仕事や会議 首都圏で選択肢広がる働く場

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏の郊外や駅ナカで働く拠点を整備する動きが広がっている。地域の人に住まいの近くで働いてもらったり、都心の企業に自然豊かな環境下で会議場所として利用してもらったりする。女性活躍やテレワークの推進など働き方の多様化を背景に、どこでも快適に働ける環境を整えて地域に人を呼び込んでいる。

多摩丘陵に住宅地が広がる小田急多摩線の黒川駅(川崎市)前の真新しい木造平屋建ての複合施設。小田急電鉄が5月に開いた同社初の郊外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1308文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン