阪神・鳥谷選手のグッズ増産 石川の会社、退団で人気

2019/9/13 19:57
保存
共有
印刷
その他

退団が決まった鳥谷敬選手のリストバンドの生産を増やす

退団が決まった鳥谷敬選手のリストバンドの生産を増やす

プロ野球・阪神タイガースを退団することが決まった鳥谷敬選手の公式グッズを手掛ける企業が増産に動いている。繊維製品メーカーのプランドル飯田(石川県津幡町)は今月、背番号「1」が刻まれたリストバンドの月産個数を8月までの10倍以上にする。退団決定に伴い、買い求めるファンが増えているためだ。

同社は2008年から製造・販売権を得て阪神タイガースの公式グッズとしてリストバンドを作っている。得意の刺繍(ししゅう)技術を生かし、蓄光糸と呼ばれる暗い場所で光を放つ糸を用いた派手なデザインが特徴だ。価格は950円。

鳥谷選手のリストバンドは数年前までは年間1万個前後売れていた。今シーズンは出場機会が減ったこともあり、7~8月の月産個数は300個前後まで落ち込んだ。8月末に退団が決まって以降、売れ行きが急速に伸びているため、今月は4000個以上を作ることに決めた。

プランドル飯田が手掛けるタイガースのリストバンドのうち、鳥谷選手の商品は常に販売個数の1~2割を占める人気商品だ。同社の飯田道昭社長は「鳥谷選手がいなくなる来年以降が心配」と頭を悩ませている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]