千葉県内、官民で被災者支援急ぐ 地銀や地元ホテルなど

2019/9/13 19:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉県内で、台風15号の被災者支援を官民が急いでいる。千葉銀行では移動店舗車を導入して地域住民の相談に応じており、断水地域では地元ホテルや自衛隊による入浴支援が始まっている。一方で停電が収束する見通しは立たず、観光施設も休園状態が続く。被災者支援の長期化は避けられない。

千葉銀行は13日、鋸南支店(鋸南町)の駐車場に、ATMなどを搭載した移動店舗車を設置した。車両内にはATMのほかに対面カウンタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]