彫刻刀500本の技「彦根仏壇」正念場 デザイン追求
ウエーブ滋賀

2019/9/14 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緻密な漆塗りや豪華な金箔押しで知られる滋賀県彦根市の彦根仏壇。約350年の歴史を持ち、大型仏壇の国内有数の産地だが、住宅事情やライフスタイルの変化により生産額はピーク時の3分の1以下に落ち込んでいる。活路を見いだそうと、時代にあった仏壇の模索や海外市場開拓の動きが目立ってきた。持続可能な地場産業となれるか、正念場を迎えている。

彦根仏壇は江戸中期、彦根藩の武具作りが発展して始まったとされる。工部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]