働く女性3000万人超 数だけでなく待遇向上を
ダイバーシティ進化論(水無田気流)

2019/9/16 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7月発表の総務省「労働力調査」によると、女性の就業者数が初めて3千万人を超えた。前年同月比で就業者全体の伸びの9割近くを女性が占めるという。

主因は専業主婦の減少だが、出産・育児に忙殺される30代で就業率が下がる、いわゆる「女性労働力率のM字型カーブ」も、M字の「底」になる部分が浅くなってきている点が注目に値する。現在「底」は35~39歳だが、この年齢層の労働力率も76.7%と過去最高に近い水準…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]