マイクロ波で乳がんを発見 神戸大発企業が20億円調達

2019/9/13 19:04
保存
共有
印刷
その他

神戸大学発スタートアップで医療機器の開発を手掛けるインテグラル・ジオメトリー・サイエンス(IGS、神戸市)は13日、凸版印刷など9者から総額20億円の出資を受けたと発表した。マイクロ波を使って、乳がんを高精度に見つける装置の実用化や普及に活用する。2020年度から治験を開始し、早ければ21年秋に販売を開始する計画だ。

凸版印刷のほか、第一生命保険や旭化成、みやこキャピタル(京都市)などが出資した。

IGSは13日、試作機を公開した。がん細胞がマイクロ波を反射する性質を活用して開発。マイクロ波を出すアンテナを乳房にあてて放射線上に照射し、跳ね返ってきたデータを分析して3次元の画像をつくる。1ミリメートル未満の小さながんも発見できるという。検査時に乳房に貼るフィルムは凸版印刷が開発した。

現在主流のX線装置の検査は、乳房を圧迫するため痛みがあり、放射線被曝(ひばく)もある。若い女性の乳房はコラーゲン繊維が多く、全体が白く映ってしまい、がんを見つけづらい課題があった。マイクロ波は脂肪は通過し、がん細胞に当たると反射するため、他の組織との区別がしやすいという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]