菅原経産相が内堀・福島県知事に面会

2019/9/13 18:45
保存
共有
印刷
その他

第4次安倍再改造内閣で初入閣した菅原一秀経済産業相は13日、福島市を訪れ、内堀雅雄福島県知事と面会した。内堀知事は菅原経産相に、東京電力福島第1、第2原子力発電所の安全、着実な廃炉などについて要望した。

面会で菅原経産相は「廃炉と汚染水処理は、経産省の最重要課題だ。企業の再生など、福島の復興に資するよう尽力したい」と話した。

内堀知事は、第1、第2原発の廃炉に加え、地域の復興についても触れ、「もともとあった事業などなりわいの再生、福島イノベーション・コースト構想など新たな地域再生を含め、福島の復興再生へ力を貸してほしい」と求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]