市営地下鉄と初の乗り入れ(古今東西万博考)
1970年・大阪 阪急千里線

関西タイムライン
2019/9/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)堺筋線の駅に赤茶色が基調の「マルーン色」の電車が入ってくる。天神橋筋六丁目駅(大阪市)―北千里駅(大阪府吹田市)を結ぶ阪急千里線だ。1969年に私鉄で初めて大阪の地下鉄と相互乗り入れを始めた。かつて大阪市には「市内交通は市営で」という市営モンロー主義があった。壁に穴をあけたきっかけは70年の大阪万博だった。

阪急千里線は大阪の地下鉄と初めて相互乗り入れをした

阪急千里線は大阪の地下鉄と初めて相互乗り入れをした

高度経済成長期の60年代。大阪メトロ御堂筋線は乗車率が最大300%にのぼり、輸送力が限界を迎えていた。混雑緩和のため、堺筋線の新設計画が浮上。当初は南海電気鉄道との相互乗り入れも検討され、62年に大阪市と、南海、京阪神急行電鉄(現阪急電鉄)の協議が始まった。線路幅の違いなどから結論を出せずにいたが、大阪万博の開催決定を受けて阪急千里線に決まった。

大阪万博の目標来場者数は3000万人(実績では6421万人)。御堂筋線の江坂駅から万博会場の千里丘陵を結ぶ北大阪急行電鉄の開業を予定していたが、輸送力を補うために会場近くを走る阪急千里線を選んだ格好だ。千里線は万博の開催期間中、1日平均5万人が利用した。現在も大阪郊外に住む会社員の通勤の足として使われ、北千里駅の1日の乗降客数は2万5000人にのぼる。

大阪メトロは現在、8路線中3路線で相互乗り入れをしている。2025年の大阪・関西万博では中央線が会場の夢洲まで延伸し、相互乗り入れする近畿日本鉄道はけいはんな線経由で夢洲から奈良方面などへの直通運転を目指す。70年万博では南北で拡充された交通インフラは今度は東西で整備が進みそうだ。

(高崎雄太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]