石炭火力への依存「世界から厳しい目」 小泉環境相

政治
2019/9/13 18:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小泉進次郎環境相は13日、日本経済新聞などの取材に対し、温暖化ガスの排出が多い石炭火力発電について「(依存度を)減らしていく。世界からの厳しい目がある」と述べた。気候変動問題への取り組みは「世界の首脳同士の超重要課題だ」と指摘し、技術的なイノベーションを進めることが脱炭素社会のカギになるとの認識を示した。

政府は、温暖化ガス排出量を今世紀後半の早い時期までに実質ゼロにする方針を掲げている。小泉環…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]