千葉に支援物資、練馬区や武蔵野市

2019/9/13 16:57
保存
共有
印刷
その他

東京都練馬区は台風15号により大規模停電などの被害を受けた千葉県南房総市に支援物資を送った。ペットボトル入りの水3000リットル分のほか、乳児用の粉ミルクや紙おむつ、高齢者向けのおむつを現地に搬送した。同区は南房総市内に臨海学校などに使う施設を持つことから、支援を申し出た。武蔵野市も南房総市に飲用水とブルーシートを提供した。

練馬区の支援物資の積み込み

羽村市は千葉県袖ケ浦市へ、水のほか災害備蓄用パンやクラッカー、土のう袋などを提供した。羽村、袖ケ浦両市は災害時の相互応援協定を締結しており、袖ケ浦市が支援を要請した。

稲城市は木更津市に、江戸川区は鋸南町にそれぞれ、ブルーシートや土のう袋などを発送した。江戸川区は「本区は都内自治体で千葉県から最も近い距離にある。鋸南町の要請に対し迅速な支援を行う必要があると判断した」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]