/

この記事は会員限定です

内閣改造とトウモロコシ

[有料会員限定]

第4次安倍再改造内閣が発足し、外相には経済財政・再生相として日米貿易交渉をまとめ上げた茂木敏充氏が就いた。安倍晋三首相とトランプ米大統領は今月下旬に貿易協定に署名し、茂木氏は10月召集の臨時国会での承認を目指す協定の答弁に立つ。

今回の交渉で日本側が主眼としていたのは自動車への追加関税の回避だ。交渉の最終場面で、その流れを後押ししたのがトウモロコシの緊急輸入だった。

米中西部アイオワ州ダビュークを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン