副業時代を考える(1) 「働き方改革」で高まる関心
東洋大学准教授 川上淳之

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/9/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人はなぜ、既に持っている仕事に加えてもう一つ仕事を持つのでしょうか。複数の仕事を同時に持つ副業への関心は高まっているものの、その中身はあまりにも多様で実態を把握するのは難しいことです。この連載は統計からわかる副業の実態とその学術的背景を紹介したいと思います。

【次回記事】 副業時代を考える(2) 判例と就業規則の矛盾

副業に対する関心の高まりは、雑誌や新聞で特集を組まれることが増えていることからも明らかですが、インターネットの検索件数という具体的な数値から確認できます。

「Google トレンド」はキーワードの一定期間の検索件数について、最も高い時期を「100」、逆に最も低い時期を「0」として人気度を表示します。2004年1月から19年8月の期間で「副業」を調べると、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]