/

この記事は会員限定です

一大ブームの吹きこぼれない鍋 物まね防げず倒産へ

平成倒産史(第2回)

[有料会員限定]
日経トップリーダー

1990年代の後半に入っても不況は収まらず、国内外で急成長を続けていた国際流通グループ・ヤオハンの倒産をはじめ、拡大路線が行き詰まる大手企業が続出しました。極め付きは、北海道拓殖銀行や山一證券の破綻。学生の人気就職先でもあった銀行や証券会社の倒産ニュースは、日本中を震撼させました。

金融危機を背景に、企業間の競争は激しさを増します。ディスカウントストアが台頭するなどして物価は下落。低価格の類似品に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4101文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン