/

この記事は会員限定です

8Kテレビ 欧州で号砲 中国勢参入もコンテンツ不在

[有料会員限定]

中国の家電各社が高精細映像の「8K」に対応したテレビに本腰を入れ始めた。海爾集団(ハイアール)は年内に中国で発売し、2020年にも欧州などで投入する。テレビ市場をけん引してきた中国勢の参入で8Kの販売が増えそうだ。ただカギを握る8K放送は緒に就いたばかり。コンテンツ不在のなか、普及には時間がかかる。

11日まで独ベルリンで開催していた欧州最大の家電見本市「IFA」。かつて家電の王様と言われたテレビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン