/

渋野、オーバーパーなし29Rで途切れる 国内女子ゴルフ

ゴルフの日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は13日、兵庫県チェリーヒルズGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、渋野日向子は17番パー3で池に入れてダブルボギーとするなど5バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの75とし、国内でのオーバーパーなしの連続ラウンド数のツアー記録は「29」で途切れた。

日本女子プロ選手権の第2ラウンド、オーバーパーでホールアウトし天を仰ぐ渋野日向子(13日、兵庫県チェリーヒルズGC)=共同

渋野は6月のニチレイ女子の第1Rから、イーブンかアンダーパーのスコアでのラウンドを続けた。8月の全英女子オープン優勝をはさみ、帰国後も難コースで知られる北海道小樽CC(ニトリ女子)で記録を伸ばし、2013年にアン・ソンジュ(韓国)が樹立したこれまでのツアー記録「28」に並ぶと、今大会の第1Rを70で回って新記録を打ち立てていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン