最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,451.86 -21.06
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 -30

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

ドラギ氏レームダック化、日銀は安堵

2019/9/13 11:07
保存
共有
印刷
その他

10月に任期終了する欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁。今回のECB理事会後の記者会見では開き直ったかのごとき語調が目立った。特に、財政政策の必要性を訴えるときには、「財政政策が主導するなら、時は今だ」と、各国首脳に決断を迫るかのごとき表現を用いた。これまでは財政政策はECBの管轄外と「流して」いたので、発言の差が鮮明だ。

深読みすれば、国際通貨基金(IMF)専務理事を長く務め各国首脳と密接な関係を構築してきたラガルド次期ECB総裁の政治力に期待して後を預けた感がある。

事実、ラガルド氏はECB総裁職に就任するにあたりEU議会の経済金融委員会に出席して、財政政策の重要性を強調している。金融政策の次期司令塔が、就任前から金融政策の限界を示唆したような展開に、市場では当惑の反応も見られた。

ドラギ現総裁の置き土産とも思える、至れり尽くせりの金融緩和パッケージも派手なリボンが目立つが、中身の実効性には疑問符がつく。マイナス金利深掘り、量的緩和再開、緩和は実質無期限かと解釈されるほどのフォワードガイダンス(政策先行き指針)、マイナス金利副作用に対する「(日本式)金利階層化」「新TLTRO=資金供給オペ継続」などの処方箋つき。以前であれば、これぞ「ドラギ・バズーカ」と市場が熱烈歓迎しそうなプレゼントだ。

しかし、外為市場で、ユーロは一旦急落したものの、V字型で急反発した。24時間グラフで見ると、あたかもユーロのフラッシュ・クラッシュ(瞬間急変動)のごとき展開となっている。

マーケットはドラギ現総裁を既にレームダックと見ているようだ。マイナス金利でも資金需要は盛り上がらずとの指摘も根強く、金融政策の実効性に対する市場からの不信任投票とも映る。

量的緩和については、財政規律を重んじるドイツが、依然強い抵抗を示している。今回はドイツ側が本当に妥協したのか、あるいは、去りゆくドラギ氏の強行突破なのか。そもそも、寄り合い所帯ゆえ、ECB購入国債の量は国ごとに割り当てられ、33%までとの上限つきだ。「安全資産」とされるドイツ国債は、その上限に達している。ここで量的緩和再開となれば、制度変更が必要となる。結局、ラガルド次期総裁にバトンを渡し、後は任せるとの本音が透ける。

この成り行きのおかげで日本市場は棚ぼたで「円安」を得た。これまで、「とばっちり」円高の被害を受けてきたゆえ、筆者は留飲を下げている。

しかし、治まらないのはトランプ大統領だ。さっそく、ツイッターで、ECBは俊敏に利下げしてユーロ安に成功したのに、米連邦準備理事会(FRB)は「sit,sit,sit」(座りっぱなし)と叱咤(しった)している。市場の実勢はユーロ高・ドル安の展開となるシナリオまでは読み切れなかったようだ。

かくして、FRBとECBの緩和競争は、まず、ECBが第1ラウンドで先制攻撃を仕掛けた。来週の第2ラウンドでFRBが米連邦公開市場委員会(FOMC)で、0.5%以上の利下げを望むトランプ大統領を無視して0.25%の想定通り利下げ決断するのか。

そして、日銀は、市場環境が円安に振れているので、とりあえず安堵の余裕に恵まれた。追加緩和出動の意思は明示しつつ緩和カードはできる限り温存の姿勢となりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ