千葉停電なお18万戸 台風上陸から5日目、復旧に遅れ

2019/9/13 10:00 (2019/9/13 19:20更新)
保存
共有
印刷
その他

台風の影響で崩れた電柱(13日、千葉県南房総市)

台風の影響で崩れた電柱(13日、千葉県南房総市)

台風15号の影響で千葉県を中心に発生している大規模停電は13日午後6時現在、約18万4千戸で続いている。停電は最大時の約93万戸から次第に復旧しているものの、台風上陸から5日目となっても全面復旧のメドは立っていない。

安倍晋三首相は13日の閣僚懇談会で、復旧に全力を挙げ住民の生活支援に万全を期すよう閣僚に指示した。

菅原一秀経済産業相は同日の閣議後記者会見で全面復旧について「大方は一両日中に復旧するが、被害が大きい場所は1週間以上かかる」との見通しを明らかにした。経産省は対策本部を立ち上げた。電源車の派遣や情報発信、物資供給などの対応にあたる。

東京電力パワーグリッドによると、13日午後6時現在、千葉県全体で約18万4千戸が停電。千葉市は緑、若葉両区を中心に約1万5千戸が停電している。同社は12日、千葉、四街道、八千代、印西の4市は同日中に復旧する見込みとしていたが、千葉市は13日午後6時現在、復旧していない。

復旧が大幅に遅れている理由について、同社は「倒木が多く事前に切断作業が必要になるなど、停電の復旧作業だけでなく現場に入るまでに予想よりも時間がかかっている」と説明している。

停電の影響でポンプが作動しないなど断水も続いている。千葉県によると、13日午後3時現在で県内の2万9千戸以上。木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市を管轄するかずさ水道広域連合企業団の管内で約1万7千戸、南房総市で約7千戸、多古町で約4千戸が断水している。

停電が続く千葉県鋸南町では、住民らが工面したガソリンと発電機でともした明かりに人々が集まっていた(12日夕)=共同

停電が続く千葉県鋸南町では、住民らが工面したガソリンと発電機でともした明かりに人々が集まっていた(12日夕)=共同

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]