山中京大教授ら iPS細胞供給へ財団法人設立

大学
2019/9/13 0:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学の山中伸弥教授らは、iPS細胞の製造や供給を担う一般財団法人をこのほど設立した。大学の内部組織から切り離し、iPS細胞を全国の医療現場に届ける体制を確立するねらいだ。

財団名は「京都大学iPS細胞研究財団」で、登記は9月6日付。山中教授が代表理事を務める。理化学研究所の松本紘理事長らで評議会を構成し、財団の運営状況のチェックにあたる。京大iPS細胞研究所から約100人の職員が移籍し、活動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]