/

この記事は会員限定です

山中京大教授ら iPS細胞供給へ財団法人設立

[有料会員限定]

京都大学の山中伸弥教授らは、iPS細胞の製造や供給を担う一般財団法人をこのほど設立した。大学の内部組織から切り離し、iPS細胞を全国の医療現場に届ける体制を確立するねらいだ。

財団名は「京都大学iPS細胞研究財団」で、登記は9月6日付。山中教授が代表理事を務める。理化学研究所の松本紘理事長らで評議会を構成し、財団の運営状況のチェックにあたる。京大iPS細胞研究所から約100人の職員が移籍し、活動を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン