プロ野球

千賀、レオねじ伏せる力投 鷹にマジック12点灯

2019/9/12 23:07
保存
共有
印刷
その他

打線は三回まで7安打を集中しながら、拙攻の繰り返しで本塁が遠い。ならば、味方が得点するまで1点もやらなければいい。「自分の役割を果たすことだけに集中した」というソフトバンクの千賀が強打の西武打線を力でねじ伏せた。

【12日のプロ野球 結果と戦評】

8回1失点で13勝目を挙げた千賀=共同

8回1失点で13勝目を挙げた千賀=共同

圧巻だったのは七回。先頭の源田に左翼線への二塁打を浴び、初めて得点圏に走者を許し、森の四球と中村の内野ゴロで1死二、三塁。この外野フライでも1点という場面を迎え、ギアを一段上げた。

5番栗山にカウント1-2からフォークボールを4連投。ボール、ボール、ファウルとしたあとは内角低めのボールになる球で空振り三振に。続く外崎には一転して最速158キロの速球で攻め立て、最後はフォークを振らせて切り抜けた。

「狙って三振が取れたのは良かった」と千賀も納得の投球。これだけの力投を見せられては打線も黙ってはいられない。八回、先頭のグラシアルがソロを放ち均衡を破り、連打と犠飛で追加点。九回にもスクイズで1点を加え、抑えの森が中村にソロを浴びながらも何とか逃げ切った。

「千賀は前回(ノーヒットノーラン)で何かをつかんだかな、というぐらい素晴らしかった」と工藤監督。ようやく待望のマジックも点灯した。とはいえ、残り12試合でのマジック12はあってないようなもの。王座奪回へ「一つも負けられない戦い」は続く。

(馬場到)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ドラフト1位指名のあいさつで訪れたDeNA・ラミレス監督(左)とポーズをとる桐蔭学園高の森敬斗内野手(18日、横浜市)=共同

 ドラフト会議でDeNAから1位指名を受けた神奈川・桐蔭学園高の森敬斗内野手が18日、横浜市内の同校でラミレス監督らの訪問を受けた。投手が豊作だった今年のドラフトで最初に指名した熱意を伝えられ「1年目 …続き (18日 20:27)

引退記者会見を行った楽天・今江(18日、楽天生命パーク)=共同

 楽天の今江年晶内野手(36)が18日、楽天生命パーク宮城で引退記者会見を行った。今季はキャンプ直前に右目の不調を訴えて26試合の出場にとどまり「悪くなると私生活に影響する状況。年齢もあるし引退しよう …続き (18日 19:38)

ヤクルトの伊東昭光編成部長(右)と阿部健太スカウト(左)から指名あいさつ受け、「交渉権確定」の当たりくじを受け取った星稜高の奥川恭伸投手(18日、金沢市)=共同

 3球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得した石川・星稜高の奥川恭伸投手が18日、金沢市の同校でヤクルトの伊東昭光編成部長と、担当の阿部健太スカウトから指名あいさつを受け「少しずつ実感が湧いて …続き (18日 19:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]