/

楽天、携帯の本格サービス延期 がっかりだが利点あり

佐野正弘のモバイル最前線

楽天モバイルの2019年10月の携帯電話事業参入に向けたサービス発表会に登壇した、楽天の代表取締役会長兼社長・三木谷浩史氏

第4の携帯電話事業者として、2019年10月の新規参入を打ち出している楽天の子会社「楽天モバイル」。だが19年9月6日の発表会で明らかにされたのは、10月開始と噂されていた本格サービス開始を実質的に延期するとともに、当面は5000名限定の「無料サポータープログラム」に向けてのみサービスを提供するというものであった。がっかりした人も多いかもしれないが、すでにMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供しているサービス内容の変更にはメリットも多い。

当初は5000人限定、無料でサービスを提供

このプログラムは19年10月1日から、最大で20年3月31日まで実施される。楽天モバイルが当初本格サービスを提供する予定の東京23区と大阪市、名古屋市、そして神戸市に住んでいる18歳以上で、楽天モバイルに新規、あるいは番号ポータビリティーで加入することが申し込みの条件となる。申し込みが多い場合は抽選になるという。

「無料サポータープログラム」の概要。楽天モバイルが当初サービスを提供する東京23区などの在住者が対象で、期間中は通話・通信料が無料で利用できる代わりにアンケートなどへの回答が求められる

このプログラムに加入した人は、期間中音声通話やSMS、データ通信など全てのサービスを無料で利用可能になる。ただしその代わり、楽天モバイルとKDDIの周波数帯、および4G回線で音声通話するための「VoLTE」に対応した端末を自ら用意する必要がある。このほか回線品質のテストやアンケートへの回答も求められる。また無料サポータープログラムは20年3月末、あるいは楽天モバイルがそれより前に本格サービスを開始した場合、自動的に終了するとしている。なお、楽天モバイルのサイトでは、現在MVNOとして提供しているスマートフォンで、10月以降の「無料サポータープログラム」を含む本格サービスに対応したものを一覧できるようになっている。楽天モバイルによると、現状iPhoneは対応機種に含まれていない。

楽天モバイルのサイトでは、同社が提供しているスマートフォンのうち、楽天回線に対応しているものを調べられる

先にも触れた通り、楽天モバイルが当初サービスを提供するエリアは東京23区と大阪市、名古屋市に限られる(神戸市ではKDDIのローミングになるもよう)。だが楽天モバイルはKDDIとネットワークローミングの提携をしていることから、楽天モバイルのエリア外でもKDDIのモバイル回線を通じ、通話や通信は可能だ。「無料サポータープログラム」ではKDDIの回線を経由した通話や通信も無料になる。

また楽天モバイルでは、独自に開発した「Link」というアプリを通じ、IP電話やチャットなどのコミュニケーションやコンテンツを統合的に利用できる仕組みを用意しているという。もちろん通常通り「VoLTE」での音声通話も可能だが、楽天モバイルのエリアから出てKDDIのエリアに入ったときや、その逆のときに、当初は通話が切れてしまうという(20年3月までに対応予定)。

楽天モバイルが独自提供する「Link」の概要。このアプリを通じて通話やメッセージのやり取り、さらにはゲームなどのコンテンツも利用できるという

回線品質は未知数、使うならサブ回線として

発表内容を見る限り、正直なところ19年10月時点の楽天モバイルのサービス内容は試験サービスレベルであり、正式サービスと言うにはほど遠い。

楽天モバイルはその理由を「ネットワーク仮想化」という新しい技術をネットワークに全面的に採用しているためだと説明する。要するに携帯電話のネットワークの多くの部分をクラウドで構築した世界初のネットワークとなることから、念を入れてネットワークの安定性を検証したいということだ。その説明が理由のすべてかどうかは不明だが、結果として基地局の設置は遅れており、総務省からも指導を受けている。そのため本格サービスに踏み込めなかったのだろう。

楽天モバイルの基地局について説明する、同社CTOのタレック・アミン氏。最新の基地局を採用することをアピールしているが、総務省から指導を受けるなど基地局の整備自体は順調ではないようだ

MVNOのサービスも「縛りなし」に

もちろん当面の利用料金が無料ということなので、無料サポータープログラムの対象となっている人であれば試してみる価値はあるかもしれない。ただしサービス内容、及び楽天モバイルの現状を考慮すると、ネットワークの品質は他の3社からは見劣りすることが予想される。メイン回線として利用するには不安も多いことから、あくまでサブの回線としての利用にとどめておくべきだろう。

では、「普段から楽天のサービスを多く利用しており、ポイント還元などのメリットが欲しい」などの理由から、どうしても楽天モバイルのサービスを利用したいという人はどうすればいいのだろうか。当面は現状の、MVNOとしての楽天モバイルのサービスを利用するのがベターだといえる。

楽天モバイルはMVNOのサービスに関しても、今回新しい取り組みをいくつか打ち出している。一つは、いわゆる契約の「縛り」をなくすこと。MVNOとして展開している楽天モバイルの「スーパーホーダイ」などには、自動更新の仕組みこそ存在しないものの、契約期間に応じて料金を割り引く「長期割」がある。一度契約すると1~3年の「縛り」を受け、途中で解除すると9800円の解除料がかかっていた。

だが今回「縛りなし」の方針を打ち出したことから、楽天モバイルは既存の料金プランの基本料自体は変えずに、割引部分を大幅に変更した。新しい「スーパーホーダイ」などは、最低利用期間と契約解除料が撤廃されたことで長期割がなくなり、その代替として楽天会員であることによって1年間適用される「楽天会員割」が500円から1500円に拡充されている。楽天のサービスを積極的に利用するほど割引が増えるようになった。

MVNOによる楽天モバイルのサービスの料金プラン変更点(プレスリリースより)。料金自体に変更はないが、「長期割」がなくなったことで最低利用期間と契約解除料が撤廃され、代わりに「楽天会員割」の充実が図られている

もう一つは新機種だ。楽天モバイルは、10月に合わせてスマートフォン7機種、Wi-Fiルーター2機種を販売することを発表しており、いずれも現行のMVNOによるサービスだけでなく、携帯電話事業者として提供する楽天モバイルの本格サービスにも対応しているという。

新機種の中には、シャープの「AQUOS sense3 lite」やオッポの「OPPO Reno A 128GB」など、他社でも発表されていない新機種に加え、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ace」やサムスン電子の「Galaxy S10」など、これまでほぼ大手の携帯電話会社からしか提供されていなかったメーカー製のスマホも用意されている。本来は自社ネットワークによる携帯電話事業向けに、これだけのラインアップを大々的に発表したかったのかもしれないが、理由はどうあれ消費者からしてみれば選択肢が増えるのはうれしいことだ。

新機種は全てSIMフリーで、MVNO・携帯電話事業両サービスに対応。ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ace」など、従来MVNO向けにあまり端末を提供していないメーカー製の端末も含まれており、力の入れ具合を見て取れる

また楽天モバイルは、MVNOによるサービスの時点でも、販売するスマートフォンにSIMロックをかけない方針を取っているが、携帯電話事業者になった後もその方針は維持される。楽天モバイルから他社に乗り換えた場合であっても、端末を使い回ししやすいというのも、メリットといえるかもしれない。

なお、楽天モバイルの当面のサービス概要が明らかになったことを受け、今後他社も新しい料金プランを打ち出してきており、例えばソフトバンクは、楽天モバイルと同じ19年9月6日に、やはり「縛り」のない新料金プランを発表している。そうした新料金と楽天モバイルのプランを見比べて、改めてどの会社のサービスが魅力的かを判断するのも、悪くないだろう。

佐野正弘
 福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン