東京ゲームショウ開幕 eスポ・クラウドに活路

2019/9/12 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代通信規格「5G」の普及を見据え、日本のゲームソフト会社が対戦競技「eスポーツ」やクラウドゲームで新たな成長を模索している。12日に千葉市で開幕した「東京ゲームショウ」ではNTTドコモとカプコンが5Gと拡張現実(AR)を使い、対戦ゲームの様子を配信する実験を公開した。通信の技術革新などでゲーム業界の勢力図が変わろうとしているなか、ソフトを供給するだけのモデルが限界を迎えているためだ。

12日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]