兵庫県三田市、「就職氷河期世代」対象に職員募集

2019/9/12 19:15
保存
共有
印刷
その他

兵庫県三田市は30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を対象に、正規職員を採用する方針を決めた。森哲男市長が12日の記者会見で明らかにした。1~2人採用する方向で、10月に募集を始め、12月に面接や筆記試験を実施する。2020年4月の正式採用を想定している。

就職氷河期世代に対象を絞った採用では、兵庫県宝塚市が全国の市町村で最も早く正規職員の募集をかけ、3人の採用枠に全国から1816人の応募があった。兵庫労働局も3日にハローワーク神戸に「キャリアチャレンジ応援コーナー」を設け、採用を後押ししている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]