/

日清食品、台風15号の被災地にカップ麺支援 1万4000食

日清食品は12日、台風15号による被害で停電や断水、物資不足が続いている千葉県の3市町に、カップ麺のうどん計1万4400食を支援物資として提供すると発表した。支援要請のあった鋸南町に3600食、鴨川市に9600食、長柄町に1200食を13日にも届ける。

「日清のどん兵衛 きつねうどん」1万4400食を支援物資として提供する

届ける製品は「日清のどん兵衛 きつねうどん」。アレルギーに配慮して、うどんを選んだという。記録的な暴風をもたらした台風15号による停電で、千葉県内では住民の生活に大きな影響が出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン