/

復興相、環境相が福島知事と面会

第4次安倍再改造内閣で初入閣した田中和徳復興相と小泉進次郎環境相は12日、相次いで福島県を訪れ、内堀雅雄知事と面会した。内堀知事は両大臣に対し、東京電力福島第1原子力発電所事故など複合災害からの復興途上にある福島県の現状を説明し、住民の暮らしや地域の再生への協力を訴えた。

内堀知事は小泉環境相との面会で、環境省が所管する汚染土壌の中間貯蔵施設(大熊、双葉両町)について触れ、「施設の受け入れは地域や住民にとって苦渋の決断だった。貯蔵開始後30年以内に県外で最終処分する約束を守ってほしい。小泉環境相との間で信頼関係を築きたい」などと話した。

小泉環境相は「約束を守れるよう全力を尽くす。今日の内堀知事の言葉を忘れず、福島の復興に全力で取り組む」と応じた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン