初役3人 凄み・ひずみ・苦み(歌舞伎評)
京都南座 通し狂言「東海道四谷怪談」

関西タイムライン
2019/9/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

いずれも初役ながら好演した中村七之助(左)、片岡愛之助(中)、市川中車

いずれも初役ながら好演した中村七之助(左)、片岡愛之助(中)、市川中車

9月の京都南座「花形歌舞伎」は通し狂言「東海道四谷怪談」。中村七之助のお岩、片岡愛之助の民谷伊右衛門、市川中車の直助権兵衛、いずれも初役ながら、それぞれ柄に合い、好演している。

中でも七之助はお岩に加えて佐藤与茂七、小仏小平の3役を兼ねる。3幕目「砂村穏亡堀」では戸板返しでお岩から小平へ、さらに与茂七へと瞬時に替(かわ)って鮮やか。眼目の2幕目「伊右衛門浪宅」では、貞節な武家の女房が伊藤家の人々や夫に裏切られたと知って憤怒の形相を示すまでの変化を丁寧に描写していく。ことに鏡を見て「これが私の顔かいな」と絶叫する場面に哀れさと凄味(すごみ)が感じられた。

宅悦に抜擢(ばってき)されたのは上方歌舞伎塾出身の片岡千次郎。伊右衛門に脅されてお岩に不義を働きかけながら、あまりの気の毒さに真実を明かす役どころを巧妙に演じ、地力を示した。

愛之助の伊右衛門は、色悪の魅力だけでなく、「浪宅」では、貧しい浪人暮らしですさんでいった境涯の厳しさが窺(うかが)え、社会のひずみまでが浮かび上がる人物造形。「穏亡堀」のだんまり(暗闘)の絵面の美しさ、ケレンなど趣向の多い怪談物だが、それだけに止(とど)まらない感興がこの作品にはある。

直助権兵衛の中車は苦みの利いた風貌が役に映り、お家断絶で運命が変転した男の情動を緻密に演じる。時間の都合で今回は上演されない「三角屋敷」で明らかになる、一人の人間としての悲劇性も見てみたいと思わせる出来だった。

脇を固める役では、片岡亀蔵の伊藤喜兵衛が、孫可愛(かわい)さから悪事に及ぶ老人を手堅く見せる。中村壱太郎はお袖とお花の2役。お袖に零落した武家娘の哀れさ、健気(けなげ)さが滲(にじ)んだ。26日まで。

(大阪樟蔭女子大教授 森西 真弓)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]