脳波でロボ義手を思いのままに 指先の力加減も考慮
NextTech2030

日経産業新聞
2019/9/13 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脳活動を読み取ってロボットなどを動かす「ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)」の実現が近づいている。東京工業大学の小池康晴教授らは脳を傷つけない手法で脳活動を正確に測り、触れる力加減なども考慮しながらロボットなどを操作できる技術の開発に一定のメドをつけた。2030年ごろには、自分の腕のように動かせるロボット義手が実現しているかもしれない。

失った腕の代わりにロボット義手を装着し、脳波を計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]