/

神戸物産、タピオカ人気で最高益 11~7月期

「タピオカ」ブームで神戸物産の業績が堅調だ。12日発表した2018年11月~19年7月期の連結決算は純利益が前年同期比17%増の92億円と、この期間として過去最高になった。全国展開している「業務スーパー」の新規出店効果に加え、各店舗でタピオカの売り上げが好調を維持し収益を押し上げた。

業務スーパーでタピオカをプライベートブランド(PB)商品として投入したのは4年ほど前だ。しばらくは売り上げに目立った動きはなかったものの若者を中心にタピオカの人気が高まると業務スーパーの商品がメディアに取り上げられた。

今ではタピオカ目当てに新たな顧客が来店するようになった。「かつてはほとんど見かけなかった女子高生が来店するようになったと社内でも話題になっている」(経営企画部)。11~7月の既存店売上高は5%を超える伸びになったようだ。

19年10月期の業績予想は据え置いた。純利益が前期比4%増の108億円、売上高は6%増の2819億円といずれも過去最高を見込んでいる。

タピオカ人気をはやして株価も上げた。12日終値は前日比変わらずの5110円。今年の株価上昇率は57%になる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン