ラグビーW杯、NZ監督にエール 神奈川知事「活躍を期待」

2019/9/12 17:58
保存
共有
印刷
その他

20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を前に、優勝候補のニュージーランド(NZ)代表のスティーブ・ハンセン監督が12日、神奈川県庁を訪れ、黒岩祐治知事と面会した。同大会の決勝戦は横浜国際総合競技場(横浜市)で行われる。黒岩氏は「活躍を期待したい」とエールを送った。

横浜中華街を視察するハンセン氏(中央)

ハンセン氏は訪日外国人らの関心を高めるため、飲食店や宿泊施設で英語表記のカード「How NOT to Card」の活用を呼びかけた。AIGジャパン・ホールディングスが制作し、チップがいらないことや「お通し」の意味など日本独特の文化を英語で説明している。全国で3万セットの配布を予定する。「訪日外国人が日本での滞在を快適に過ごせる一助になれば」と語った。

NZは今大会でW杯3連覇を目指す。ハンセン氏は面会に先立ち、横浜中華街を訪れ、飲食店などにカード利用を呼びかけたほか、ウーロン茶も試飲した。横浜市が日本のラグビー発祥の地であることを指す記念碑も訪れた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]