厚労省のヘルシー食堂(写真でみる永田町)

写真でみる永田町
2019/9/13 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省が入る東京・霞が関の中央合同庁舎第5号館の食堂では、健康機器大手のタニタ(東京・板橋)が提供する「タニタ食堂」のメニューが食べられます。都内で食べられるのは、丸の内タニタ食堂と経済産業省の食堂を入れて3カ所だけです。厚労省は国民の健康づくりを進めており、率先垂範の意味も込めて、提供を始めました。

ヘルシーが売りのタニタ食堂のメニューは一汁三菜で500キロカロリー前後、塩分は3グラム以下…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]