2019年9月21日(土)

「星ケ丘」が首位 中部3県住民満足度、大東建託調べ

住建・不動産
中部
2019/9/12 17:14
保存
共有
印刷
その他

大東建託は12日、中部3県(愛知・岐阜・三重)の「街の住みここちランキング」をまとめた。最も住民の満足度が高かったのは地下鉄東山線沿いの星ケ丘駅エリア(名古屋市千種区)だった。治安の良さに加え、中心部への近さと商業施設が充実している利便性が富裕層を中心に評価された。

2位は地下鉄鶴舞線沿いの川名駅(同市昭和区)、3位には神沢駅(同市緑区、地下鉄桜通線沿い)が入った。

同時に名古屋市内の「住みたい街ランキング」も発表した。首位は名古屋駅エリア(名古屋市中村区)だった。全国的に広がる職住近接のトレンドが名古屋市でも強まっている。

調査は3~4月に全国18万4193人、約9千駅を対象に実施した。インターネット経由で行い今回が1回目。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。