/

この記事は会員限定です

広がるプライスレス市場 経済理論で移植ドナー探し

Neo economy 実践の現場から

[有料会員限定]

米国では経済学の新理論が多くの腎臓移植を可能にしている。ノーベル経済学賞を受賞したアルビン・ロス教授は自らがゲーム理論を基に発展させた「マッチング理論」を応用して腎疾患のある患者と適合するドナーを結びつけ、これまで計約1万件の移植を実現させた。プライスレスな世界で応用される経済学は多くの命を救う可能性を秘めている。

「適合する腎臓が見つかりました」。今年1月、ダグラス・クライストさん(53)はシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン