/

七十七銀ファンド、5G基地局設置会社に投資

七十七銀行傘下でファンド運営の七十七キャピタル(仙台市)は12日、建築設計などのアイムワン(仙台市)に2000万円を投資したと発表した。同社は携帯電話基地局の設置工事や設計コンサルティングなどを手がけている。次世代通信規格「5G」のサービス開始で通信管理技術者へのニーズが高まるとみられ、資金調達によって成長分野を強化する。

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や5Gに対応するため、無線通信インフラの整備が必要になっている。同社は通信管理の専門資格を持つ人材を育成し、携帯電話や無線通信の基地局の設置工事に派遣する事業を展開する考えだ。

七十七銀と七十七キャピタルなどが出資した「77ニュービジネスファンド」は企業に成長資金を提供し、事業承継や資本増強などを後押ししている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン