日本橋に宇宙・VRスタートアップ集結 新産業の起点

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/9/13 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・日本橋は江戸時代に架けられ、東海道など日本全国の道路網の起点となった場所だ。周辺には多くの製薬会社が本社を置き「医療の街」の意味合いが強かったが、最近はフィンテックや宇宙関連のスタートアップ企業も集まり始めた。不動産デベロッパーも街の再構築に力を入れ、起業家が夢を実現する「第一歩」を踏み出すスタート地点になりつつある。

■令和時代の医薬産業を育てる

江戸時代に薬を商う「薬種商」が多くの店を構…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]