日産・西川社長の報酬問題 株価連動で法の抜け穴
事実の究明 不十分 利益誘導止める規律を

日産の選択
瀬川 奈都子
2019/9/15 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は16日付で、株価に連動する役員報酬制度について、行使日を遅らせて4700万円多く報酬を得たことなどの責任をとり辞任する。日産監査委員会は西川氏の関与を否定したが、カルロス・ゴーン被告による有価証券報告書の虚偽記載や「日産私物化」を批判してきた当人の疑惑による、経営への不信感を払拭できたとは言い難い。

「問題は日産が説明責任を果たしていないこと。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]