/

この記事は会員限定です

三菱UFJ銀、取引先開拓の企業向けシステム 51カ国、2万社から自動抽出

[有料会員限定]

三菱UFJ銀行は10月にも顧客企業の海外での新規取引を支援するシステムの提供を始める。システム上に自社の事業内容や取引拡大の目的を入力すると、51カ国、2万社強の中から取引に最適な企業を自動で抽出する。三菱UFJ銀はアジアで買収・出資した現地銀行と商談会を共催してきたが、欧米や中東、アフリカの企業も顧客に紹介しやすくなる。

スペイン大手銀行のサンタンデール銀行が主導する枠組みに邦銀で初めて加わる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン