ドローン、飲酒時は操縦禁止
事故防止へ改正法で罰則(ルールミニ解説)

2019/9/14 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建築現場での撮影や農薬の散布、宅配サービスなどドローン(小型無人機)の活躍の場が広がっている。人手不足のなかで業務効率化の切り札として期待が高まるが、事故を防ぎ、安全な運用が求められている。18日には飲酒時の操縦禁止など新規制を盛り込んだ改正航空法が施行される。新しいルールのポイントと活用の最前線の課題を整理する。

日本でドローンを巡るルールが本格的に導入されたのは2015年のことだ。首相官邸で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]