オリパラ考

フォローする

閉鎖性強めるJOC 存在意義を自ら否定の愚
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/9/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本オリンピック委員会(JOC)が新設した五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」(東京都新宿区)が14日にオープンする。事前公開で観覧する機会があったが、五輪の歴史や意義を学んだり、ゲーム感覚でアスリートの身体能力を体感したり、スポーツや五輪が好きなら半日は楽しく過ごせる場所だと思った。

副館長を務めるJOCの松丸喜一郎副会長に「ぜひ、見て下さい」と薦められたのが、五輪アスリートの言葉や姿か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする

 東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることが正式に決まった。レース当日に札幌が確実に東京より涼しくなるとは限らないが、選手や観客、ボランティアの健康を考慮すれば条件は良くなった。だが、安全につい …続き (11/8)

 東京五輪のマラソンと競歩の開催地変更をめぐって、また「アスリートファースト(選手第一)」という言葉を頻繁に耳にするようになった。政治家やコメンテーターが軽々しく口にするたびに、信用できない人たちだと …続き (11/1)

東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」は東京大会で走る予定のコースとほぼ同じルートで開催された共同


 国際オリンピック委員会(IOC)主導で東京五輪のマラソンと競歩の開催地は札幌に変更となる雲行きだ。はしごを外された格好の東京都の小池百合子知事は猛反発。開幕を9カ月後に控え、IOCと開催都市に不穏な …続き (10/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]