プレーバック

フォローする

女子マラソン、野口が「金」 2004年アテネ五輪

Tokyo2020
2019/9/12 18:00
保存
共有
印刷
その他

2004年アテネ五輪の女子マラソン。マラトン市からパナシナイコ競技場という、1896年の第1回大会とほぼ同じ伝統あるコースを身長150センチの野口みずきが跳ねるように駆け抜けた。2時間26分20秒で金メダル。シドニー大会の高橋尚子に続く日本勢2大会連続の優勝に「頑張ってきて良かった」とうれし涙を見せた。

アテネ五輪の女子マラソンで優勝した野口みずき

アテネ五輪の女子マラソンで優勝した野口みずき

全身を目いっぱい使って広い歩幅で走る「ストライド走法」が代名詞。女子には向かないとされたスタイルを猛練習で身につけた。レース中盤、上り坂が一瞬緩んだ25キロ付近で早くもスパート。気温30度超の過酷な条件をものともせず、世界記録保持者のラドクリフ(英国)らを引き離し、ヌデレバ(ケニア)の追い上げもかわして笑顔でゴールに飛び込んだ。

五輪のマラソンで日本が表彰台に立ったのは、男女を通じてアテネ大会の野口が最後。今月15日には東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が控え、五輪本番にもつながる積極的なレースが期待される。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
最後の五輪と心に決めてM・ジョンソン(右から2人目)はシドニー大会に臨んだ=ロイターロイター

 2000年シドニー五輪、開幕前に33歳の誕生日を迎えていた陸上界の「MJ」ことマイケル・ジョンソン(米国)。人類初の400メートル42秒台突入を期待されたレース本番の夜、南半球の春先にあたる9月はや …続き (10/17)

男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]