スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

「ゴルフはスポーツ」定着へ 国際連盟ドーソン会長

Tokyo2020
2019/9/13 5:30
保存
共有
印刷
その他

2016年リオデジャネイロ大会で五輪競技に復帰したゴルフは、東京大会では埼玉・霞ケ関カンツリー倶楽部を舞台に行われる。8月には日本ジュニア選手権がテスト大会を兼ねて開催された。視察に訪れた国際ゴルフ連盟(IGF)のピーター・ドーソン会長(71)に準備状況や大会への期待について聞いた。

霞ケ関カンツリー倶楽部でインタビューに応じるピーター・ドーソン会長

霞ケ関カンツリー倶楽部でインタビューに応じるピーター・ドーソン会長

霞ケ関CCは松山英樹が勝った10年アジアアマ選手権を西コースで開催した。スコットランド出身のドーソン会長も熟知しているといい、五輪が行われる東コースについて「(有名コース設計家の)トム・ファジオが手を入れて五輪にふさわしいコースに生まれ変わった。あとはプロ向けのタフなコンディションにするだけ」と満足げだ。

テスト大会では初日に雷雲接近で競技中断が相次いだ。本番では暑さの懸念もあるが、「ゴルフは世界各地で行われている。日本の夏は蒸し暑いが、例外というほどではない」と暑さ対策について楽観的な見通しを示した。日陰の休憩エリアやクーラーボックスの設置場所などを具体的に検討しているという。

ゴルフの112年ぶり五輪復活は、IGFに加盟する「ゴルフ小国」の要望が契機になったという。「五輪競技になれば(有力ツアーに入っていない)ゴルフ小国でも政府からの財政支援やサポートを受け、メディアの露出も増える。リオでは五輪の舞台になったコースが今も整備され使われている」と普及拡大の視点からその意義を説く。

ゴルフ大国でも反響は小さくなかった。ジャスティン・ローズ(英国)が金メダルを獲得したリオ五輪男子の英BBC視聴率は、ゴルフの母国でも全英オープンやマスターズなどを抑え、史上最高を記録したという。

ドーソン会長は東京五輪をめざす渋野日向子にも「子供たちに夢を与える」と期待する

ドーソン会長は東京五輪をめざす渋野日向子にも「子供たちに夢を与える」と期待する

8月の全英女子オープンで日本勢42年ぶりとなるメジャー優勝を果たした20歳の渋野日向子の登場は、東京五輪の機運を高める追い風になりそうだ。「すてきな笑顔と心のこもった優勝スピーチは日本だけでなく、世界中を魅了した。若くても世界のトップレベルで戦えることを証明し、子どもたちに夢を与える」と賛辞を惜しまない。

米国に次ぐ世界2番目のゴルフ市場を有する日本ではプレー人口の減少が続く。レジャーの多様化により、ゴルファー減少は世界共通の現象だが、こうした流れに拍車をかけかねない日本特有の事情がゴルフ場利用税(プレー課税)だ。古くから金持ちの遊びや接待の舞台とみなされてきたゴルフはプレーに課税され、公務員の倫理規定でも言及される特殊な存在である。

ドーソン会長は「かつてはそういう傾向があったかもしれないが、今のゴルフはれっきとしたスポーツであり、年齢やレベルの違う人たちがともに楽しめる生涯スポーツ。五輪競技となった今でも、他の競技と平等に扱われていないのは残念だ」と述べ、「東京五輪がいびつな現状を見直す契機になることを願う。国際統括団体としてできることがあれば協力する。実現すればレガシーになる」と期待を込めた。

(聞き手は串田孝義、吉野浩一郎)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

男子団体総合で3位となり、表彰台に上がる日本チーム=共同共同

 【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で団体総合金メダルを目指した日本男子は6種目合計258.159点で2年連続の3位となった。旧ソ連時代以来28年ぶりの優勝を果たしたロシアとの差 …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]