/

日銀黒田総裁、首相と会談

日銀の黒田東彦総裁は12日、首相官邸で安倍晋三首相と会談した。米中貿易摩擦などを背景に不透明感が増している世界経済や金融市場の動向について意見交換した。首相と黒田総裁は定期的に会談しており、前回は今年2月22日だった。

黒田総裁は会談後、記者団に対して「私から日本経済や国際金融情勢についてお話しした」と説明した。そのうえで金融政策について「特別に首相から話はなかった」と述べた。日銀は18~19日の日程で金融政策決定会合を開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン