ホンハイ郭氏、国民党離党 総統選は無所属で出馬へ

アジアBiz
2019/9/12 16:15
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】2020年1月に行われる台湾の次期総統選を見据え、鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前董事長が12日、対中融和路線の最大野党・国民党から離党した。近く無所属からの立候補を正式表明する見通し。国民党は事実上分裂し、総統選は三つどもえの構図となる。

台湾・鴻海の郭台銘氏は無所属から総統選に出馬する可能性が高まっている(7日、台北市内)

郭氏陣営が明らかにした。郭氏は国民党執行部の世襲などを問題視して「台湾の人々がこんな陳腐な政党を支持することはない」と話したという。出馬については明言を避けたが、無所属候補者の届け出期限である17日までに正式表明する可能性が高まっている。

郭氏が出馬すれば、総統選は台湾独立志向を持つ与党・民主進歩党(民進党)から再選を目指す現職の蔡英文総統と、国民党の韓国瑜氏と三つどもえで争う構図になる。郭氏には無党派層に人気がある台北市長の柯文哲氏が応援につく見通し。民進党・国民党双方に手ごわい相手となる。

郭氏は4月に国民党から総統選に出馬する意向を表明し、6月末で鴻海の経営トップを退いた。党員資格があるか曖昧だったが、党執行部は多額の資金支援などの貢献を評価し、「名誉党員」と認め党内予備選への参戦を許可した。郭氏は7月に予備選の世論調査で韓国瑜・高雄市長に大差で敗北したが、出馬を諦めず無所属に転じて挑戦する意欲を示していた。

国民党は、12日付の台湾主要各紙に意見広告を掲載し、呉敦義主席や馬英九・前総統ら党重鎮31人の連名で「郭台銘氏と韓国瑜氏は協力すべきだ」と訴えた。郭氏に対し出馬を諦め韓氏を支えるよう求める内容だが、郭氏は「未練はない」とはねつけた。韓氏陣営は郭氏の離党について「深く失望し、残念だ」との声明を出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]