/

この記事は会員限定です

明日の客入り、98%当てる店 勘も経験もいらない

未来の読み方(3)

[有料会員限定]

明日は何人が店に来るのか、何がいくつ売れるのか――。デジタル化の進展により得られるデータが爆発的に増え、人工知能(AI)などの技術と組み合わせることで高精度の需要予測が可能になり始めている。未来の注文にあらかじめ備えることで適切な意思決定ができれば、資源や時間の無駄を減らして生産性を高められる。予測技術のディスラプション(創造的破壊)は経済のあり方を変えるのか。

仕入れ最適化で売り上げ5倍

記録が残る限りで1912年から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Disruption

先端技術から生まれた新サービスが既存の枠組みを壊すディスラプション(創造的破壊)。従来の延長線上ではなく、不連続な変化が起きつつある現場を取材し、経済や社会、暮らしに及ぼす影響を探ります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン